UNESCO世界遺産 ドナウのリメス

 

バイエルン、オーストリア、さらにスロバキアのドナウ川流域に沿って築かれた城砦、ドナウのリメスは、英国にあるハドリアヌスおよびアントニヌスの長城、ならびにドイツの上ゲルマニア・ラエティアのリメスに続く、大プロジェクト「Frontiers of the Roman Empire(ローマ帝国の国境線)」の第三セクターです。

 

読み続けてください

 

ローマ帝国は世界史上最大の帝国の一つで、西暦2世紀の始めに、トラヤヌス皇帝のもと最大限にまで拡大しました。その面積は620 km²以上、国境は7500 km以上にも及び、川の流域、人工防壁の国境、山脈、そして砂漠地帯を特徴としていました。

Frontiers of the Roman Empire(ローマ帝国の国境線)」というプロジェクト名のもと、その全域が、UNESCO世界遺産として国際社会の保護下に置かれています。

何世紀にもわたり、リメスは、ローマ帝国と、ローマ人に占領されていないゲルマニア部族地域との境界として、北海から黒海まで築かれていました。ドナウ川は、バイエルン、オーストリア、スロバキア、ハンガリー、さらに下流の地域で、ローマ帝国の天然の北部国境を形成しました。帝国の国境を確保するためだけでなく、物品輸送を規制下で確実に行えるよう、自然の川による防壁があったにもかかわらず、国境は軍事的にさらに強化されました。

360キロメートルに及ぶオーストリアセクターのドナウのリメスは、4つの軍団キャンプ、14の補助キャンプ、知られているだけで20の監視塔(ブルギ)で確保されました。実際の監視塔の数はおそらくはるかにそれを超えるものであったとみられています。オーストリアセクターで最も有名な軍団キャンプには、ローリアクム(エンス)、ウィンドボナ(ウィーン)、カルヌントゥムがあります。ゲルマン軍がチェックを受けず国境を通過するような事態が生じた場合、監視塔とキャンプ間に途切れず信号線がひかれていたため、ローマ軍は迅速にこれに対応することができました。

カルヌントゥム - ドナウリメスの国際都市

カルヌントゥムは、ドナウのリメスに沿って非常に目立つ位置を占めています。軍団キャンプと補助キャンプの保護下にあったローマ属州の首都、上パンノニアは、政府拠点として、人口約5万人、面積10 km2の国際都市の一つとなりました。その大きさ、意義を持つ唯一の都市であるだけでなく、南北の最も重要な接続地点であるベルンシュタイン通りと、ローマ帝国で最も重要な東西の接続地点であるリメス通りの間にあり、国境に直接面した都市でもありました。

貿易や文化の往来により、文化と繁栄が後押しされることとなりました。オリーブオイル、ワイン、調味料としての魚醤、デーツ、イチジクは地中海から輸入され、上質な食器はイタリアやゴールから入手されました。数えきれないほどの宝石、彫刻、壮大な壁画の断片から、今日でもまだ古代カルヌントゥムの豪華な生活を垣間見ることができます。

My Visit

0 Entries Entry

Suggested visit time:

Send List