カルヌントゥム - ドナウリメスの国際都市

カルヌントゥムは、ドナウのリメスに沿って非常に目立つ位置を占めています。軍団キャンプと補助キャンプの保護下にあったローマ属州の首都、上パンノニアは、政府拠点として、人口約5万人、面積10 km2の国際都市の一つとなりました。その大きさ、意義を持つ唯一の都市であるだけでなく、南北の最も重要な接続地点であるベルンシュタイン通りと、ローマ帝国で最も重要な東西の接続地点であるリメス通りの間にあり、国境に直接面した都市でもありました。

貿易や文化の往来により、文化と繁栄が後押しされることとなりました。オリーブオイル、ワイン、調味料としての魚醤、デーツ、イチジクは地中海から輸入され、上質な食器はイタリアやゴールから入手されました。数えきれないほどの宝石、彫刻、壮大な壁画の断片から、今日でもまだ古代カルヌントゥムの豪華な生活を垣間見ることができます。

My Visit

0 Entries Entry

Suggested visit time:

Send List